歯周病治療

日本歯周病学会認定 歯周病専門医とは

日本歯周病学会 歯周病専門医証書
【歯周病専門医・認定医 認定証】

当医院のドクターは、ともに日本歯周病学会 歯周病専門医の資格を取得しています。またスウェ-デン留学での臨床経験を生かした歯科診療を患者さんに提供します。


他の歯科医院で、歯を抜かなくてはならないと言われた場合でも、一度歯周病専門医に相談することをおすすめします。


歯周病専門医とは、予知性の高い歯科治療および歯周病治療やインプラント治療など、包括的歯科診療を患者さんに提供するスペシャリストです。
日本歯周病学会認定 歯周病専門医は厚生労働省が認可した資格であり、その資格名を広告することが認められています。


歯周病専門医は、歯周病認定医取得後2年間研修施設で研修して、専門的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で、歯周病専門医試験に合格した日本歯周病学会員です。
日本全国の歯科医師約10万人の中で、歯周病専門医はわずか約1270人(2016年5月現在)しかおりません

日本歯周病学会 歯周病専門医(日本歯周病学会のHPへ)

歯周病とは?

説明画像説明画像

歯肉が赤く腫れている、出血がする、歯がゆれている、かたい物が噛みにくい、口臭がするなど、歯肉や歯の症状で気になったことがあれば、歯周病かもしれません。


歯周病の特徴は、痛みをあまり感じることなく症状が進むことです。
そして、放置すれば歯周病が悪化して決して自然には治りません。
また中等度から重度の歯周病と診断された患者さんは、ケースによっては長い治療期間が必要な場合があります。
気が付いた時には手遅れで、何本も歯を抜かなければならないようなことになりかねません。
たとえ虫歯がなくても、痛みがなく食事するのに不都合がなくても、もし歯周病だといわれたら可能な限り早めに歯周病専門医で治療されることをお奨めします。
歯周病治療の負担を軽くするためにも、自覚症状がない場合でも、歯周病を初期の段階で発見する、また歯周病・むし歯予防のためにも、定期検診することが大切です。


近年、歯周病の有病率は加齢とともに増加しています。
歯周病と糖尿病など全身疾患への関連性を指摘されており、全身の健康を維持するうえでも、今後歯周病に対する予防、治療、管理の必要性が高まっています。

歯周病治療

イメージ

イメージ

歯周病は、歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)がたまると、炎症が生じてきます。
これが歯周病の始まりです。
自分で気がつかない軽い歯周病を含めると、40歳以上の成人のうち約80%以上が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最もおおきな原因となっております。
歯周病は、心臓疾患、糖尿病、早産などの全身疾患との関連性が報告されています。

以下の症状がある場合、歯周病の可能性があります。

説明画像
説明画像

歯周病は、歯を支えている歯槽骨(歯を支える骨)が破壊される病気です。
初期の段階では、症状が自覚しにくく、鏡で見ても気がつきません。
進行すると歯肉が赤くなったり、腫れたりします。その後、歯肉からの出血、排膿の症状が現れ、やがて歯槽骨が吸収し、歯が揺れてきます。
骨が大きく吸収すれば、歯を抜く可能性が高くなり、歯を失うことになります。
当院では歯周病の専門的な予防、治療プログラムを行っております。

歯周病治療の流れ

1.歯周病治療の検査

細菌検査
細菌検査

最初に、歯周病の状態を把握するため以下の検査が必要になります。

説明画像

2.カウンセリング

イメージ

検査結果のデータを基に、患者さんと十分な説明を行い、治療方法を決定します。

検査データ
検査データ

3.歯周病基本治療

最初の歯周病治療は、歯磨きの指導、スケーリング、ルートプレーニング(クリーニング、歯垢や歯石、バイオフィルムを除去)を行い、歯肉の状態を改善させます。軽度の歯周病であれば、この治療で治ります。

4.歯周外科治療

基本治療後、やむなく深い歯周ポケットが残存した場合や、特に中等度~重度の歯周病は、歯周外科治療が必要になります。 通常の外科治療の他に、歯周組織再生療法を行うことがあります。

歯周組織再生療法(エムドゲインゲル)
説明画像
説明画像
歯周組織の破壊が著しい場合、歯周組織再生用材料(エムドゲインゲル)を使用することで、失われた組織の一部を再生させようとすることが可能となりました。この再生用材料を使用し、溶けた骨の再生を誘導させることで、歯を保存させる確立が高くなります。
通常の歯周外科手術と比較して、歯肉の治癒の促進も早く、術後の痛み・腫れも最小限にできます。

再生療法は、多くの利点から様々な症例に適応することができるため、 歯周病で動揺している天然歯の保存やインプラント治療に活用できます。
説明画像
エムドゲインの術式図
説明画像

5.メインテナンス

イメージ

メインテナンスとは、歯周病の再発を予防し、健康な歯を維持していくために、必要な定期健診です。
歯周病が治っても、定期的な検査が必要です。

歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により歯周病が治っても、ブラッシングが不十分であったりすると、容易に再発の可能性が高まります。

定期的に、歯ブラシでは届きにくい部位を含めた、全体的なプラークコントロール(クリーニング、フッ素塗布、歯垢、歯石の除去、精密検査)を行うことで、お口の中を健康に保つことが出来ます。

予防歯科はこちら

再生療法 症例写真
■症例1    【60代男性】主訴:歯茎からの出血、歯茎の腫れ。
                 歯がぐらぐらしている。

[初診時の歯周病]
全体的に歯茎が腫れている状態

[治療終了後]
歯茎がひきしまっている状態

治療内容:
歯周基本治療+
再生療法(エムドゲインゲル)+
補綴治療

■症例2    【50代女性】主訴:上の歯茎がぶよぶよしている。
                 抜歯を勧められた。

[初診時]

[治療終了後]
再生療法により、抜歯を回避でき、歯茎の腫れ、出血もなくなりました。

治療内容:
歯周基本治療+
再生療法(エムドゲインゲル)+
補綴治療

COPYRIGHT 2012 TAMAZAWA DENTAL OFFICE